ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

ジェルの長さ出しとスカルプの違いはなんですか?ネイルサロンのメニューにあるのですが違いがよくわかりません。

お悩み内容
ジェルの長さ出しとスカルプの違いはなんですか?ネイルサロンのメニューにあるのですが違いがよくわかりません。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
どちらも爪の長さを延長させる技術のことです。

 

スカルプチュアとジェル長さだしは違う?

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

ジェルの長さ出しとスカルプの違いについてのご相談ですね。

 

ものすごく簡単に言うとこんな感じです。

 

・ジェルの長さだし=ジェルネイルで爪の長さを延長すること

・スカルプ=アクリル樹脂(ライト不要で固まる)で爪の長さを延長すること

 

長さ出しとは「爪の長さを延長する」という意味で使われています。

 

スカルプ(スカルプチュア)も長さ出しの技術の一つです。

 

ネイルサロンではスカルプというと「アクリル樹脂を使った長さ出し」という意味で使われることが多いです。

 

ですのでおそらく「ジェルの長さ出し」というのは「ジェルネイルで爪の長さを延長する」ということではないかと思います。

 

スカルプというのは「アクリル樹脂を使った爪の長さの延長」のことだと思われます。

 

しかしスカルチュアというのは本来爪の長さを延長させるためのやり方の一つですので、実際に予約する際にネイルサロンに聞いてみる、というのがおススメです。

 

ちなみに現在ネイルサロンではジェルネイルが主流です。アクリル樹脂を使ったスカルプチュアは以前ほどの人気はありません。

 

しかし、アクリルの特性を生かして折れた爪の修理などや長さ出しに使われている場合もあります。

なおジェルやスカルプなどしなくてもキレイなネイルをするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。