初めてのネイルサロン ネイルサロン エクラーラ公式ブログ

ネイルサロン エクラーラの公式ブログ。ネイルサロン初心者向けにネイルサロンのことをやさしく解説。

私がやってる指先の硬い角質をキレイにする方法

一度カチカチになった角質のお手入れは通常のお手入れとは違います。

f:id:eclara:20160823230902j:plain

  ネイルサロン・銀座エクラーラの山崎です。こんにちは。今回は私がやってる指先の硬い角質をキレイする方法をご紹介します。

私がやってる指先の硬い角質をキレイにする方法

指先の硬い角質をキレイにしたい場合どんなお手入れをしたらいいんでしょうか?

硬くなってしまった指先は角質が角化してしまった状態。

私も時々なりますけど硬くなった角質が引っかかったりして本当に不便。

カチカチ角質はいくらクリームを塗っても染み込まないもの。

こういう時は

塗る

お手入れよりも

取る

お手入れが効果的です。

こんな時に私がやっている方法は↓【バッファー】を使ったお手入れです。

Nail de Dance スポンジバッファー No.2  220/280G 1本入

 

具体的には【バッファーを使い角化してしまった皮膚をキレイにする】という方法。

角化した部分を取ればクリームを塗っても染み込みが良くなり指先がキレイに。

やり方は以下の通り

1.バッファーを用意する(220グリット以上)

2.バッファーで指先の硬い部分を10回程度優しくなでる(硬い角質が少し残っている状態で止める。)

3.ハンドクリームを塗る。

 コツは【少し硬い角質が残っている状態でやめる】という事。

 角質は少し残っている方が良いんです。

とり過ぎるとかえって角質が固くなってしまったり痛みが出ることも。

さらに最後に必ずハンドクリームで保湿。

さらに指先をキレイにしたい場合はネイルサロンのネイルケアがおススメです。

ちなみに私がやっているネイルサロンではネイルケア時に指先のカチカチ角質も一緒にお手入れ。指先がすっきりしますよ。

ちなみにネイルケアとは【爪と指先の角質お手入れ】のこと。

角質がたまりやすくくすみやすい指先をお手入れできるメニューです。

ネイルケアでキレイにお手入れすることでネイルをしてもケバくならず清潔感のある指先にお手入れ出来るんです。

私のネイルサロンのお客さんからも

「ネイルを褒められるようになった」

「濃い色のネイルも品よく似合う」

とのお言葉をいただいてます。

いつものネイルにネイルケアを取り入れるだけで指先の清潔感がUP。

品のあるネイルを楽しんでいただけます。品のあるネイルを楽しんでいただけます。

 

指先の硬い角質もネイルサロンでキレイにお手入れ⇒セレブも通うラグジュアリーな個室ネイルサロン

おまけ:ネイルサロンのジェルネイルって甘皮処理ついてるの?

ネイルサロンのジェルネイルって甘皮処理ついてるんでしょうか?

ネイルサロンのジェルネイルメニューには甘皮処理は含まれていないことがほとんどです。

逆に何が入っているかというと以下の通り

  • 「爪の形整え」
  • 「爪の上の角質取り」
  • 「ジェルネイル」

「爪の上の角質取り」をネイルケアと思っている人って多いんじゃないでしょうか?

しかしこの時の爪の上の角質取りとは【プレパレーション】といってジェルネイルを塗る際の下準備のこと。

具体的にはジェルを塗る際に邪魔になる爪の上の角質をこそげ取ったり削り取ったりする施術です。

甘皮自体のお手入れではなく

爪の上のみの角質がなくなる

という感じです。

甘皮周りやささくれのお手入れをがっつりしたい場合は「ネイルケアメニュー」をプラスするのがおススメ。

お湯などに指先を付けて角質を柔らかくしてからケアしますので、爪周りがキレイになります。

相談者さんが気になるささくれの処理や甘皮お手入れもこのメニューでキレイに。

料金は+3000円~5000円。

大抵はオプション料金としてつけることができます。

こちらもどうぞ⇒「指先キレイですね」と言われちゃう人気のネイルサロンとは?