ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店 公式ブログ

ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店の公式ブログ。ネイルサロンが初めてでもわかる記事。マニキュア・ジェル・ケア・フットの情報を初めてでもわかりやすく解説。

ジェルの長さ出しとスカルプの違いとは何でしょうか?

お悩み内容
ジェルの長さ出しとスカルプの違いとは何でしょうか?

f:id:eclara:20170831174837j:plain

ネイリストの回答
長さ出しとは「爪の長さを延長する」という意味で使われています。ネイルサロンではスカルプというと「アクリル樹脂を使った爪の長さの延長」という意味で使われることが多いです。

長さ出しとスカルプチュアの違いとは?

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

ジェルの長さ出しとスカルプの違いについてのご相談ですね。

長さ出しとは「爪の長さを延長する」という意味で使われています。「ジェルの長さ出し」というのは「ジェルネイルで爪の長さを延長する」ということでです。?

スカルプ(スカルプチュア)その技術の一つです。

ただしネイルサロンではスカルプというと「アクリル樹脂を使って爪の長さを延長するメニュー」という意味で使われることが多いです。

長さ出しやスカルプは【長い爪】+【派手なネイルアート】が特徴

スカルプは【長い爪に派手なネイルアート】が流行った時代の人気メニュー。

私がネイル業界に入った数年前には【今時スカルプなんてやってないよ?】と先輩ネイリストに言われたものです。

今では【自然な長さの爪】に【シンプルなネイル】をするのが主流。

なのでスカルプのような派手なネイルやメニューは敬遠されつつあります。

?長さ出しやスカルプはネイルサロンによって取り扱いが違うので注意

スカルプチュアというのは本来爪の長さを延長させるためのやり方の一つです。

ただしお店によってメニューの名前が違ったりすることもありますので注意がひつようです。

もし本当にスカルプを希望するのであれば予約する際にネイルサロンに聞いてみるというのがおススメです。

サロンによってはスカルプは扱っていない場合もあるからです。

ちなみに私のネイルサロンもがっつりゴテゴテのスカルプはやってません。

折れた爪の補修としてのスカルプはやってますけどね。

先ほどお話しましたようにスカルプ+派手なアートというのは過去のもの。

今では自然なネイルアートをジェルネイルで仕上げるのが主流です。

そのためアクリル樹脂を使ったスカルプは以前ほどの人気はありません。

しかし、アクリルの特性を生かして折れた爪の修理などや長さ出しに使われている場合もあります。

もしよければ参考にしてくださいね!?

「爪が綺麗になった!」「指先がキレイなって自信が持てる」と驚く女性が続出。その理由とは?ヒントは【角質+ケア】です。詳しくはこちらを押してください。

こちらもお勧め⇒【無料】プロネイリストが教える「自宅で今すぐできる上品な指先の作り方・お手入れ方法」