初めてのネイルサロン | ネイルサロン エクラーラ公式ブログ

ネイルサロン エクラーラの公式ブログ。ネイルサロン初心者向けにネイルサロンのことをやさしく解説。

マニキュアを塗っていたら爪の半分から先の表面がウロコ上にヒビが入るようになりました。

マニキュアの頻繁な塗り替えは爪をうろこ状にしてしまう事も。

https://www.instagram.com/p/BgP_13BlRmr/

ネイルサロン・銀座エクラーラの山崎です。こんにちは。今回はマニキュアに関するご相談にお答えします。

マニキュアを塗っていたら爪の半分から先の表面がウロコ上にヒビが入るようになりました。

マニキュアを塗っていたら爪の半分から先の表面がウロコ上にヒビが入るようになった場合どうしたらいいでしょうか?

マニキュアを塗ってうろこ状になるという場合

除光液などによる爪の乾燥

が大きな原因です。

色の塗り替えを頻繁にする必要が少ない【不透明のベージュ系マニキュア】を塗り出来るだけ除光液を使わないようにするのがお勧め。

出来たらネイルサロンで爪のお手入れを受けるのがベストです。

私のネイルサロンでは爪が傷んでしまったという方の爪のお手入れもすることがあります。

このような場合は

1.爪をスポンジバッファーで滑らかにする

2.爪の形を折れにくい形に整える(乾燥すると爪は折れやすくなるので)

3.ネイルケアで爪回りの角質をキレイに。清潔感のある指先に。

4.ネイルオイル+専用ベースコートで乾燥爪をコーティング

5.爪のウロコが目立たない不透明のネイルをする

 こんな感じでお手入れします。

爪のお手入れはネイルをするよりも大切です。

清潔感ない指先にネイルをしても【ケバイ】印象になってしまうからです。

私のネイルサロンで一番大切にしているのが【清潔感のある指先】。

ネイルケアを全てのメニューに取り入れているのもそのためなんです。

お客様からも【ネイルケアで指先に透明感が出た】【同僚から褒められる】とのお言葉をいただいています。

乾燥した指先をネイルケアで清潔感のある指先に。

清潔感のある指先で人と会うのが楽しくなります。

こちらもどうぞ⇒指先綺麗ですね!と言われちゃうネイルケアが受けられるネイルサロンとは?

ネイルサロンのネイルって爪に直接塗るもの?チップを付けたりするの?

ネイルサロンのネイルって爪に直接塗るものなんでしょうか?

一般的にネイルサロンでは

爪に直接塗るネイル

がほとんど。

確かにチップにネイルをする場合もありますが・・・・

私のネイルサロンではほとんどないです。

ネイルサロンで扱うネイルは

  • マニキュア
  • ジェルネイル

の2つ。

(アクリル樹脂は今はほとんど使いません)

マニキュアは爪に直接塗るのはもちろんですがジェルネイルも爪に直接塗ります。

ジェルネイルというと

あのごっついネイルアート

https://www.instagram.com/p/BjJaR4eh9eM/

が人気ですがあれも爪に直接塗っていきます。

ジェルネイル自体爪にがっちりくっついているプラスチックのようなもの。

だからジェルネイルをとるときもネイルサロンで専用の溶剤を使って落としていきます。

というワケで今回はネイルサロンのネイルについてご紹介しました。

こちらもどうぞ⇒丁寧なネイル施術が受けられる。個室ネイルサロンの良さとは?

おまけ:ネイルを長く持たせるシンプルな方法

ネイルを長く持たせる方法ってあるんでしょうか?

それが【ネイルする前はクリームや水分を爪につけない。

ワタシ自身これが一番簡単で効果のある方法だと感じてます。

たとえばジェルネイル。

ジェルネイルをする前にハンドクリームを塗ったりお風呂に入ったりする。

その後にジェルを塗ると取れやすいです。

マニキュアでも同じ事が言えます。

ネイルは爪の上に水分や油分が残っている状態で塗るとはがれやすいんです。

【でもクリーム塗らないとお肌が乾燥しちゃうし】というアナタ。

ネイルをした後だったらオイルやクリームはは好きなだけ使ってもOKなんです

オイルやクリーム類を使うタイミングを変えることでネイルをキレイに保つことが出来る。

素晴らしいですよね!

ちなみにワタシがやってるネイルサロンでもフットマッサージやハンドマッサージをする際はネイルの後です。

(マニキュアの場合はマニキュア前にします)

さらに水についてですがネイルをする30分前ぐらい前から手洗いを控えるのがベスト。

爪上の水分って10分ぐらいで蒸発するって言われてますけど・・・

ワタシの経験上30分は必要なんです。

ネイルをする前はオイル類やクリームは使わない。

水もネイルをする30分ぐらい前から触れないようにする。

ちょっとしたことですが気を付けていただくことでネイルを長もちさせることが出来るんです。

簡単な方法ですので是非試してみてくださいね!

こちらもどうぞ⇒ネイルサロンで足の疲れが取れる秘密とは?

ネイルで爪が白くなってしまった時にネイリストがやってる方法

ネイルで爪が白くなってしまった時ってどうしたらいいでしょうか?

今回はネイリストである私がやっている方法をご紹介します。

1.水やオイル

P.SHINE ピーシャイン フレーバーオイルSQ ラフランス 12ml スクワランオイル キューティクルオイル

1つ目は水やオイルを爪につけるという方法です。

実はネイルで爪が白くなってしまう原因が爪の乾燥。

なので爪にオイルや水を付けると目立たなくなることが結構多いです。

特にこの方法は除光液やエタノールで爪の表面が白くなってしまった場合お勧め。

私の場合この方法で大抵はキレイになります。

とはいえ除光液の使い過ぎは爪の乾燥の原因になりますので頻繁な使用はできるだけ避けたいですね。

2.ベースコート

OPI(オーピーアイ) ナチュラルネイルベースコート

2つ目はベースコートやネイルです。

特に私がお勧めなのが【マニキュアのベースコート】を塗るという方法。

ベースコートを塗っておくとたいてい目立たなくなります。

特にOPIのベースコートはほんのりピンク色で爪自体もキレイにみえます。

ベースコートだけだと直ぐに剥がれてしまうのでトップコートで仕上げます。

3.ネイルをする

f:id:eclara:20170803154436j:plain

3つ目はネイルをするという方法。

意外とこの方法って使えます。

なぜなら爪に色を塗ると白くなった部分が隠れちゃうから。

もしネイルをするなら

不透明な色

を選ぶのがお勧めです。

同じベージュでも透明感のあるベージュじゃなくてミルクコーヒーみたいな不透明なベージュを選ぶ。

透明な色だと爪の色が透けちゃうのであんまり意味ないです。

 

というわけで今回はネイルで爪が白くなってしまった時の対処方法についてご紹介しました。

ネイルで爪が白くなるのが爪が乾燥しているサイン。

本来であればネイルサロンのお手入れを合わせて受けるのがお勧めです。

爪上についた角質もキレイになるので爪の色もキレイに。

乾燥した爪は見ていて寂しいものです。

ネイルサロンのお手入れで大人の品のある指先にお手入れできます。

こちらもどうぞ⇒マニキュアだらけの変なネイルサロンとは?