初めてのネイルサロン | ネイルサロン エクラーラ公式ブログ

ネイルサロン エクラーラの公式ブログ。ネイルサロン初心者向けにネイルサロンのことをやさしく解説。

日焼け止めクリームを使わずに出来る手のUV対策とは?

日焼けはできるだけ避けたいもの

f:id:eclara:20161019165515j:plain

 ネイルサロン・銀座エクラーラの山崎です。こんにちは。今回は日焼け止めに関するご相談にお答えします。

日焼け止めクリームを使わずに出来る手のUV対策とは?

日焼け止めクリームを使わずに出来る手のUV対策ってあるんでしょうか?

今回は私が実際にやっている日焼け止めクリームを使わない紫外線対策についてご紹介します。

それが以下の通り。 

手袋や日傘などをして直接紫外線に当たらないようにする

・昼間(10時~15時)はできるだけ外出しないようにする

まず一つ目の「日傘や手袋をする」という方法。

具体的には外出する際にUVカット効果のある手袋を着用する、という方法です。

実は手って常に「裸」の状態。

そのままでで紫外線にさらされているんです。

だから手袋をして紫外線から手を守ることが大切です。

さらに手袋をすると紫外線対策以外にもいいことがあります。

それが「保湿効果」。 

手袋をすることで外気や衝撃から手を守ることができ結果としてカサカサしがちな手も保湿できます。

実は私は外出する際手袋をほぼ年中しています。

手が日に焼けることもないですし極端にカサカサになることもないです。

2つ目に「昼間の外出を避ける」という方法があります。

紫外線の強くなる昼間の時間をさけて行動するということ。

例えば「そろそろスーパーで夕食の買い物を・・・」というとき。

お昼過ぎに外出するのを午前中や夕方にしてみる。

歩くところを車やタクシーに乗る。

こうやって紫外線が強い時間帯の外出時間をずらすだけで紫外線の影響からお肌を守ることができるんです。簡単ですよね。

さらにお肌をキレイにするために私のお店でお勧めしているのが

「ハンドケア」です。

具体的にはお肌の角質をキレイにして保湿パックをするというお手入れ。

手はお顔と違ってお手入れを放置しがちです。

そのため角質がどっさりたまっていることが多いんです。

ハンドクリームをいくら塗っても「手が汚い」と感じるのはこのためなんです。

そこで定期的に手のお手入れをすることで清潔感のあるきれいな手をキープ。

私のサロンお客様からも

「手がキレイになって人に見られるのが怖くなくなった」

「外出が楽しくなった」

との声をいただいております。

手がキレイになるとあなたの印象もぐっと素敵に。

人に会うの楽しくなります。 

こちらもどうぞ⇒セレブの人がこっそり通っている隠れ家ネイルサロンとは?

おまけ:爪が綺麗な人がうらやましいです。どんなお手入れをしたらいいでしょうか?

爪をキレイにするためにどんなお手入れをしたらいいでしょうか?

私がネイルサロンで提唱している方法

それが

清潔感のある指先にする

ということです。

具体的には

10本同じ形にととのえる

という方法です。

爪やすりを使って10本同じ形に整えます。

そして爪周りの角質のお手入れ。

これも大切です。

実は爪が汚いなぁ。と思う原因の一つが爪周りのたまった余分角質。

この角質のせいで指先がくすんで見えて爪が汚く見えちゃうんです。

清潔感のある指先。

これが爪がきれいにみえる大前提。

私のネイルサロンでも【清潔感のあるネイル】を大切にしています。

そのためほかのサロンではあまりやらない【ネイルケア】に時間を割いています。

ネイルケアをすることで指先に透明感が出るのでちょっと派手な色のネイルでもケバくならずに品よく決まります。

爪をキレイにしたいという人はぜひ【指先の清潔感】を出すお手入れをしてみてはどうでしょうか? 

 

こちらもどうぞ⇒「指先キレイですね」と言われちゃう人気のネイルサロンとは?