初めてのネイルサロン | ネイルサロン エクラーラ公式ブログ

ネイルサロン エクラーラの公式ブログ。ネイルサロン初心者向けにネイルサロンのことをやさしく解説。

【初めてのネイルサロン】足の角質を取りすぎてはいけない本当の理由とは?

ネイルサロン エクラーラ

ネイルサロン エクラーラの山崎です。今日もプロのネイリストの視点からお話します。

足の爪をキレイにしたいというご質問ですがこれは足の角質を取ることかた始める必要があります。

足の角質は手以上に多くお手入れをすることでかなりキレイになりますよ。

いくら角質が邪魔だからといっても全部取ってしまうのは逆にNGなんですね。

角質ってお肌を守ってくれているものですからある程度は必要なんです。

ですから必要な分を残して余分な分を取っていくというのが大切になってくるんですよ。

では【余分な分って。

どうやって見分ける。

】ということなんですけど実はこれは経験や専門的な勉強が必要になってくるんです。

もし自分でお手入れしたいのであればスクラブ剤で洗うとかバスタブに毎日つかるとか(それだけでもずいぶんきれいになりま)すそういうことからおすすめしますよ。

実はマニキュアメニューの中でも爪やすりを使った「ファイリング(爪の形を整えること)」は習得するのにとても難しい技術といわれています。

もちろん髪の毛のカットと同じでやろうと思えば誰でもできるのですがマニキュアの中で正しく削ったり形を整えることができるようになるには時間がかかります。

もしそれでも爪が割れやすいというのであれば一度ネイルサロンに行ってマニキュアコースを受けてみてはいかがでしょうか。

ネイルサロンでは【ネイルケア】というメニューがありますよ。

その時に爪削りも一緒にしますので色々聞いてみるとプロのネイリストさんがマニキュアや爪の削り方についてやさしく教えてくれると思いますよ。

先端からネイルがはがれてくる大きな原因の一つは「爪先(エッジ)」にジェルやマニキュアが塗っていないという場合があります。

爪先は一番使う部分でもありますので先端にネイルをしてないことで先端のネイルがはがれやすくなってしまうという原因になります。

おススメは最初に先端にネイルをするという方法。

ジェルネイルでもマニキュアでもまず最初に爪の先端に塗ります。

そのあと爪の表面に塗っていきます。

こうすることで爪先端にしっかりネイルができるようになります。

またほかの原因としてあるのが「爪の先端に爪の削りかすが残っている」というケース。

爪やすりできちんと爪を整えたつもりでも爪の裏を見ると削り切れていない爪が残っています。

いわゆる「バリ」と呼ばれるものです。

ネイルを塗る前にこのバリをすべてきれいに削り取ることが大切です。

こちらもどうぞ⇒「爪が綺麗になった!」「指先がキレイなって自信が持てる」と驚く女性が続出。その理由とは?

オマケ

お爪はその人の体形と同じ骨格によってある程度形が決まってきます。

ですから身長を伸ばそうといくら頑張っても限界があるようにお爪の形自体を全く違うものに変えることは難しいです。

もともとの骨の形が爪の形に影響するといっても指先を美しく保っていたいですよね。

小さい爪を美しく存在感のある爪にするにはどうすればよいでしょうか。

「爪が小さくネイルをしてもいまいちあか抜けない」というお悩みの場合は爪をおおきく見せるネイルアートがおすすめです。

「爪のタテのラインを強調するネイルアート」なのです。

ポイントはネイルアートでタテのラインを強調するようなネイルをしてもらうということです。

ストーンでもいいですしネイルをした上にタテに別の色を塗る・・・などなどです。

赤やボルドーなどのはっきりした色はかえって爪の小ささを強調してしまう場合があります。

ご参考にしてくださいね。

こちらもどうぞ⇒セレブの人がこっそり通っている隠れ家ネイルサロンとは?