初めてのネイルサロン | ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店 公式ブログ

ネイルサロン エクラーラの公式ブログ。ネイルサロン初心者向けにネイルサロンのことをやさしく解説。

【初めてのネイルサロン】足をキレイに見せるには少し●●かな?ぐらいがお勧め。そのわけとは?

ネイルサロン エクラーラ

ネイルサロン エクラーラの山崎です。今日もプロのネイリストの視点からお話します。

足の爪にネイルをしていまいちパッとしない方はカラーの選び方を変えるといいでしょう。

フットネイルは視線の関係から見るとかなり離れてるのが特長です。

ですので【少し派手かな。

】と思うぐらいの色の方が足がキレイに見えます。

ワインレッドやパッションピンクダークブルーホワイトなどはっきりした色が人気です。

鮮やかな色を足に塗る際にネイルサロンで必ずといってするお手入れがあります。

それが【足の甲のお手入れ】です。

足の甲のお手入れをすることで足の肌トーンが一つ上がりますので明るい色のネイルも違和感なく似合います。

鮮やかな色を足に塗る際にネイルサロンで必ずといってするお手入れがあります。

それが【足の甲のお手入れ】です。

足の甲は日光にさらされている場所ということもありまたお手入を忘れがちな箇所です。

フットネイルと一緒に足の甲のお手入も一緒に行います。

足の甲のお手入れをすることで足の肌トーンが一つ上がりますので明るい色のネイルも違和感なく似合います。

サロンではフット用のスクラブを使って行いますがご自宅では手持ちのピーリング剤(顔用でもOK)やスクラブ(ボディ用がベスト)を使ってお手入れするだけで見た目もずいぶん違います。

自分でする甘皮ケアとネイルサロンの【ネイルケア】っていわゆる【家で作る手巻寿司とお寿司屋のお寿司】これぐらい違うというのが私の考えです。

何が違うのかまず【爪に対する知識の量が違う】ということです。

例えば同じ爪の中でも厚さって微妙に違うんです。

爪の中心が一番厚いのに対して両端に行くにしたがって薄くなっていくんです。

だから爪の表面の角質(垢とも呼んでいます。

いわゆるルースキューティクル)をこそげ取るときも爪の中心と爪の端っこでは同じように力をかけてはいけないんです。

爪が痛んじゃいますし。

やっぱり爪の端っこや爪の根本は優しくしなきゃいけないんです。

でも微妙な力加減で垢を取っていかないといけないこのさじ加減がプロの技術なんです。

丈夫な爪にしたい場合ですがネイルサロンではこのような場合【ジェルネイル】で強度を出すという方法もあります。

しかしこれは実際に爪を見てから判断するというのが一般的です。

というのも爪が薄すぎる場合ジェルネイルできない場合があるからです。

私のネイルサロンでしたらあまりに爪が薄い方にはネイルケアといって爪や爪周りのお手入れをするメニューをおすすめしています。

爪が割れにくい形に削り爪周りの角質をお手入れしていくお手入れです。

爪周りの角質を一緒にお手入れするので塗ったクリームがよくしみ込むようになる爪がキレイになったなど喜ばれていますよ。

仕上げに補強材入りのベースコートを塗って仕上げます。

こちらもどうぞ⇒常に閉店してるセレブ御用達のネイルサロンとは?

オマケ

楽器をやっている方の場合爪を指よりも短くしなければならないケースがあるようですね。

私も以前ピアノ教室に通っていて爪が長いと先生に【切ってきなさい】とよく怒られました。

話を元に戻しますと爪を短く保つ場合にキレイに見える方法として【爪の形をそろえる】があります。

爪切りで切ったそのままですと形も不揃いですし切り口も粗く自分の皮膚を傷つけてしまうこともあります。

ネイルサロンでしたらこのような場合には爪やすりを使って爪切りで切った切り口を滑らかにするとともに形を10本同じに揃えます。

爪の形をそろえるだけでも指先はかなりキレイに見えます。

ご参考にしてくださいね。

こちらもどうぞ⇒丁寧なネイル施術が受けられる。個室ネイルサロンの良さ